花屋の香り

a0329414_10493013.jpg
こんにちは
先日のレッスンで、グリーンの多いアレンジを習ってきました。
今回は、よい香りもあるのですが・・・
なぜか花屋さんの香りがします。Greenからそう連想するのでしょうか・・・。
私の知っている花屋さんの香りは、今回のアレンジの香りでした。
随分日中暑くなってきて生花が長持ちできない気候のようです。

だけど、天気が良いとやっぱり嬉しいですね。
洗濯物がしっかり乾きそうです。
女子ゴルフも今日も福岡なので、いい気候でのラウンドになりそうですね。

テレビで話題になっている枡添さん、私の資格免許証の発行者なのですが
とてもたたかれていますね。
どこのお偉いさんもやっているような気もしますが・・・・。

先日ヤフーのトップニュースに、抗がん剤が日本を滅ぼす!みたいなニュースを目にしました。
自分の配属されている部署では、既に導入されている抗がん剤だったので
今更話題になるか・・・とも思いましたが、それだけ新しい治療を最先端でやっている部署にいながら感じることのようです。
1か月の治療費が300万
1か月で辞めるわけではなくて、効果がある限りずっとがんとともに生きていくには飲み続けなければいけない抗がん剤。限度額申請をしてもだいたい月8~10万円の自己負担として、それ以外は誰が払う?ってことになるのですが
それが国民の税金なんですよね。自分の病院は抗がん剤をセカンドやサードレベルではなく10種類目としても抗がん剤を変えていく位治療をしてくれるお医者さんもいます。緩和医療に移行するのではなく、最後まで治療をしてほしいという方にはありがたいお話ですが、その分の医療費はどこから?となった時に、自分の税金は全部ここにまわっているんだろうなと感じます。肺癌の原因の主なものに喫煙がありますが、治療をしながら喫煙をされる人が沢山居てとても残念です。
まず1年1人の患者さんが治療を受ける時に3000万円強の医療費が必要で、その1割程度を患者さんの自己負担とした時に残りの医療費を税金で賄うことになると抗がん剤の発展は老後の年金は諦めるしかないのも当然のような気がします。肺癌だけでなく、大腸癌もかなりの医療費がかかりその治療を受けている患者さんも莫大な数です。生存率もどのがんも伸びつつあります。怖い時代だな・・・と感じます。
日本の医療って・・・・怖いですね。

自分の老後の生活費位は自分でしっかり貯めておかなければとも感じます。
そう感じながらも、今年の夏休みはどこに遊びに行こうかな~ってこれから計画を立てたいと思います。
星野リゾートにも行ってみたいですが、これから夏休みの予約って
あまりもう取れなさそうですね。

今日もよいお天気だから、いつものように近所を散歩しようかなぁ~♪

[PR]
by midorinohanataba | 2016-05-14 11:13 | Diary | Comments(0)

日々のこと、好きなもの、美味しいもの。


by midorinohanataba
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31