マーブルシフォンケーキ

こんにちは
なんとも眠いこの時間をどう回避しようかな~って思いながら過ごしています。
先週末に作ったシフォンケーキ。
たまには違ったものを・・・と想像してみるとダルメシアンが浮かび・・・それからマーブルを作ってみることに。
いつかダルメシアンの飼い主になってみたい・・・と夢見たころもありました。
a0329414_15503216.jpg
レシピ

材料
☆プレーン用 卵黄生地
 卵黄 2個分
 グラニュー糖 35g
 サラダ油 20g
 熱湯 35g
 薄力粉 43g
 ベーキングパウダー 1g
 バニラエッセンス 2ふり

☆ココア味用 卵黄生地
 ☆卵黄 1個分
 グラニュー糖 15g
 サラダ油 10g
 熱湯 17g
 薄力粉 20g
 ココアパウダー 5g
 ベーキングパウダー 1g
 バニラエッセンス 2ふり

☆メレンゲ
 卵白 3個分
 グラニュー糖 25g

下準備:・それぞれの材料を計量しておく。
    ・卵白は冷蔵庫で冷やしておく。
    ・サラダ油と熱湯を混ぜておく。
    ・薄力粉とベーキングパウダーとココアパウダーはふるっておく。

①プレーン用の卵黄生地とココア味用の材料をそれぞれ、上から順にだまができないように混ぜる。卵黄はなじむ程度で可能。
②卵白をハンドミキサーで泡立て、白っぽくなったらグラニュー糖を1/3量ずつ加えながらその都度泡立てる。
 持ち上げた時に下に落ちず角がぴんと立って少しおじぎするくらいの固さのしっかりしたメレンゲを作る。
③プレーン用の卵黄生地にはメレンゲ30g、ココア用のボウルには15gを入れ、それぞれ泡だて器でよく混ぜて馴染ませる
④残りのメレンゲのうち2/3をプレーン生地のボウルに入れ、ゴムベラで底からすくうように左手はボウルに添えて回しつつ、右手はゴムベラで生地の中央にへらの側面から切るように入れ、底から面ですくって返しながら白い筋が見えなくなるまで大きくリズミカルに混ぜる。(30~35回ほど)
 へらを持ち上げ、りぼん状に跡が残る状態。
⑤ココア生地用のボウルに残りのメレンゲを加え、プレーンと同じよう左手で回しながら右手でリズミカルに中央の底から25~30回ほどすくって返し、まんべんなく色づくよう混ぜる。
⑥コア生地をたプレーン生地の上に全量おき、底から2回ほどゴムベラで大きく返すように混ぜたら、型にやや高めの位置から生地を流しいれる。
⑦型を台の上でまわしてある程度表面をならし、底が浮かない程度の強さで数cmの高さから落として大きな気泡を抜く。
⑧180度に予熱しておいたオーブンで25分焼き、取り出したら逆さにして冷まし数時間したら型からはずす。

a0329414_15502636.jpg
この器は懐かしいパリで買ったもの。
Gianのお皿。2種類の絵柄を持っていますがどちらもお気に入り。
またいつかフランスに行くことがあれば買いたいな~~~~~。

今日はよいお天気に、息子がお昼寝している間お庭の落ち葉ひろいと草とりが随分できました。
そんな時間がとっても楽しみです。

それから、ご近所で住まいの参観日(積水ハウスの実際に建てた家の見学会)があっていて朝からお隣さんと行ってきましたが
以降も次々と車がやってきてはうちのすぐ先の駐車場が満車。レンタカーで来られている方もチラホラ。
それから、そのまま私の家やお隣さんの家を見ながら色々言いながら・・・ゆっくり徐行する車もチラホラ。
皆さん、こうやって家を作られるんですね~~~。 





HOTな食べ物教えて!



[PR]
Commented by miyabiflower at 2018-03-11 12:37
おいしそう~!
きれいなマーブルになりましたね。
そしてお皿も素敵。
ゆっくりと穏やかなティータイムを過ごされたことでしょうね。
Commented by midorinohanataba at 2018-03-20 15:41
> miyabiflowerさん
作っているうちに、食べたくなっちゃうようなマーブルでした☆
忙しくても、お茶の時間はゆっくり過ごせることは癒しですね♪
by midorinohanataba | 2018-03-10 16:11 | Tea time | Comments(2)

日々のこと、好きなもの、美味しいもの。


by midorinohanataba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31