人気ブログランキング |

アクティブラーニング

a0329414_13151067.jpg
お写真、元気のあり余っている2歳児です。

来年からスタートする2020年教育改革。
英語の教科書化、プログラミング教育の必修化。文部省曰く今回の改革の目的として、変化が激しく予測不可能な未来を生き抜くための土台をはぐくむこととされているそうです。人間力=生きる力を育てること。
一方通行・知識埋め込み型の授業を一新して、チームで取り組む課題も増えていくそうです。
知識量や記憶力だけでなく、自分の考えを表現する力や仲間と協力する力が大事になるそうでその目玉となるものがアクティブラーニング。
生徒が問題について自分で調べたり話し合ったりすることで考える力を育てるという学習法。
講義5%、読書10%、視聴覚20%、実演を見る30%、グループ討議50%、自ら体験する75%、ほかの人に教える90%の後ろから3つがアクティブラーニング。平均学習定着率が抗議の10倍高いとアメリカのnational training Laboratoriesが言っています。興味を持ち発信することが大事な時代になります。

そんな時代を生き抜く子どもたち。

今職場でも、新人さんが2名。
指導をすると「あっ、そっか!」と返事が返ってきたり・・・
メモもとらない、指導をほかの人がしても裏紙に書いてそのあたりに置きっぱなしになっていたりするけれどそれでもチームで育てる!みんなで育てる!の教育プログラムに大声をあげる人や怒る人は誰もいません。
何度も何十度も説明をする!そんな教育になっています。

自分の時代とは違う。
だけど、その教育方針が未来のために良いものになって欲しいなと思う今日この頃です。

息子のクラスも単語から文章へ!と言語分野ではクラスの目標が新しくなっています。
それからこれまで、自分ができる!が目標だったことが
あえて2人組を作って「じぶんはこっちを先につかって色を塗るから、お友達はのりで貼る作業。終わったら交換しようね。」とそれぞれを思いやる工程が入ったり
お散歩も『お友達も靴を履いて準備ができるか見守って、待ってから一緒に同じ輪を持って同じ速さで歩く。』などといった日々を過ごしているみたいです。
そんな息子の教育を教えてもらったら、私も何か勉強してみようかなという気にもなっています。

今を生き抜くために・・・。



by midorinohanataba | 2019-05-14 20:14 | こども | Comments(0)

日々のこと、好きなもの、美味しいもの。


by midorinohanataba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30